はじめに

黒木です。こんにちは!

3月3日は桃の節句・雛祭りです。

今回のコラムは雛祭りにちなんで女性投資家のためのコラムを書こうとおもいます。

 a1380_000044

私のまわりの女性投資家

実は私の友人にはとても優秀な女性投資家が本当に多いのです。

おひとりで億単位で投資をされている方、セルフリフォームの達人、地主系大規模経営者、多くの投資家のリーダー的経営者、ご夫婦で仲良く投資をしているが奥様のほうがイケイケな方等、様々です。

いくつかの投資スタイルを大まかにタイプ別に分けてみると以下のようになります。

1.投資家型

 単身で投資されている起業家タイプ

2.チームリーダー型

 奥様主導でご主人を引っ張っていくタイプ

3.プロデューサー型

 ご主人のお尻を叩いて投資を促進していくタイプ

 4. パートナーシップ型

 ご夫婦仲良く、協力し合って躍進するタイプ

 

私のセミナー等でもご夫婦で参加される方と単身で参加される方がいらっしゃいます。

1の投資家型の場合、パートナーがまったく不動産投資に興味を持っていない場合もありますし、最初からご自身で起業するという心構えの方もいらっしゃいます。

 

2のチームリーダー型3のプロデューサー型、 4. パートナーシップ型はご夫婦で一緒に進むタイプになります。

 

そして、派生タイプとして、当初不動産投資に乗り気でなかった奥様が、ご主人が強引に買ってしまった物件が意外と上手くいくとわかって、

奥様が「2.チームリーダー型」に変身してしまうケースもあります。

 

以前も書きましたが、どのタイプも女性投資家のとても優れた特徴として現実的に物事を見極める才能があります。私も含めて男性は期待現実をごちゃまぜにしてしまう場合があります。

たとえば年功序列、終身雇用が崩壊した会社組織にも、まだまだ依存してしまいがちになるのも男性のほうが多いと感じています。

不動産投資に興味を持っている女性投資家はこのあたりクールで現実的に物事を見極めています。

女性不動産投資家躍進の秘密はこのあたりにありそうだと密かに考えています。

 

セミナーの活用方法

そんな女性投資家の多くはできればパートナーと一緒に不動産投資をすすめていきたいと考えている場合が多いようです。

しかし、パートナーに不動産投資の話を持ちかけても「会社の仕事でいっぱいだ!」と言われるとせっかくのモチベーションが下がります(絶対下がらないパッションな方も結構多いですが・・・)。

そんなときは、パートナーをセミナーに連れて行ってみるのも手です。

ただし、その場合はセミナー後のインセンティブ(報酬)を用意してから提案することを忘れないでくださいね。

もしかすると、たんなる「食わず嫌い」なだけの場合もあります。

 

そして、単身で不動産投資を行う投資家型の方はセミナー会場で自分と同じタイプの投資家やメンターをみつけることができるかもしれません。

不動産投資は孤独になりがちなので、類は友を呼ぶ方法が手っ取り早いかもしれません。

( 実際に私もセミナーで投資家の親友を見つけたことがあります)

 

パートナー同士で仲良くセミナーに参加される場合、そのセミナーで得た情報について話し合う時間を設けることで、第三のアイディアが出てくることもあります。

セミナー参加後は意見交換の時間を別途設けると良いでしょう。

 

まとめ

最近は、女性投資家がメディア等でも多く取り上げられるようになってきました。

賃貸経営は子育てしながらできるビジネスでもあります。

そして、いつかセミナーで話すか、どこかに書こうとおもいますが、

不動産投資と賃貸経営は子供にファイナンシャル教育をする上で非常に役立つものだと考えています(うちでは既に実践していますが、)。

賃貸経営はロバート・キヨサキ氏の言うクワドラント(会社員、自営業、ビジネスオーナー、投資家)の要素がすべて入っているからです。

 

最後に、私からのおすすめの本として、

「となりの億万長者」の著者トマス・J・スタンリーが書いた

「女性ミリオネアが教えるお金と人生の法則」をご紹介します。

成功した女性投資家・女性企業家のドキュメンタリー的内容です。

勿論男性が読んでも参考になりますが、成功のポイントとして、女性ならではの視点がちりばめられた書籍です。

参考にしてみてください。

 

それではまた、私のコラムでお会いしましょう!

黒木 陽斗