頼りにしてたのに・・・

odoroki皆さんも
「管理会社に対応をお願いしたけどやられてなかった。。。」
という経験はありませんか?

修繕の見積もりをお願いしたけれど1週間以上たっても連絡がない。。。

追加料金で草取りをお願いして1ヶ月後に見に行ったらやられてなかった。。。

など。

 

管理会社は忙しい。

サラリーマンを長年やっていると、依頼された仕事を1週間以上も放置・・・というのはなかなかありえない事態なので理解できなかったのですが、管理会社相手では普通にあります。

まぁ、管理会社のスタッフもサラリーマンには違いありませんがね。

ちょっと管理会社寄りで好意的に考えると、それぞれの担当者は一人で何10から100室単位の物件を管理しているわけで、特に繁忙期には依頼が殺到して消化しきれていないんだと思います。

だけど頼んだほうとしてはやってくれないと困ります。
管理費もちゃんと払っているんですからね。

こういう管理会社とつきあううちにだんだんこちらも知恵がついてきました。

 

忘れられない!管理会社への依頼の方法

私はこういう方法で管理会社とコミュニケーションしています。

1.依頼は電話で。
管理会社とのやり取りもEメールでやるケースが増えていますが、何かをお願いするときには必ず電話するようにしています。電話のほうが緊急度も伝わるし、結局は人対人のコミュニケーションなのでこれは基本として大事かと。

 

2.確認のEメール
通常は電話で依頼して安心してしまうところですが、私はこれで何度も痛い目にあいました。出先で電話を受けることも多いだろうし、メモさえ取れていないかもしれない。「すぐやります!」とどんなに気持ちよく受け答えしてもらっても、忘れられてしまう可能性は低くない。

それを防止するために遅くともその日の夜のうちに確認のメールを送ります。
文章で残すことで忘れられる可能性はぐっと減ります。

 

3.1週間後の確認連絡
依頼する内容によりますが、1週間経てば通常は何かのアクションが起こされているだろうということで、ここでもう一度電話かEメールで連絡を入れます。

残念ながらここで忘れられていることが発覚するケースもあります。
(管理会社は何かと理由をつけてごまかそうとしますが。)

ここまでやるとさすがに間違いはなくなります。

 

目的を考えて

「そんな管理会社は変えてしまえ!」
という意見もあると思いますが、でも結局は程度の差こそあれどこも同じようなものだと考えています。また、物件管理が賃貸管理とセットになっていて、賃貸のほうは優秀だったりしますからね。

そもそもの目的は”依頼した内容が間違いなく実行される事”なので、やられていないことに腹を立てるより、忘れられないようにアクションを起こすことが大事です。

怒っても解決しません。
管理会社とはやっぱり良好な関係を構築するべきなのです。