こんにちは、浜松の若手投資家の中邨(ナカムラ)です。

 

新築アパートの話が予想以上に
長くなってしまいましたね。

そろそろ終わろうと思いますので
最後までお付き合いお願いします。

 

さて、新築アパートの【落とし穴】
アパート経営の考える時の安心材料として
最も使われる材料として

『30年一括借り上げ』

という言葉があります。

 

営業マンの最強の武器に使われることも
多いこの借り上げ契約

どういうものかと言うと、

オーナーはまず、借り上げ業者との
『賃貸契約』を結び、オーナーに
賃料を支払います。

一方で、借り上げ業者は
その借り上げした部屋を一般の
入居者に貸して賃料を受け取ります。

この3者が介在する状況を
借り上げ契約といいます。

この一括借り上げをしている業者さんは
オーナーさんに対して、入居者の有無に
かかわらず賃料を支払うわけです。

入居者がいなくても賃料を受け取り
続けられるのですから、オーナーさんからすれば
『空室リスク』を考えなくても良いので
非常に安心です。

正確には、
安心と思わせています。

もちろん、この一括借り上げ契約は
オーナーの為のものではなく、
借り上げ業者のメリットがあるわけです。

 

借り上げ業者にどのような
メリットがあるかと言うと、

・『一括借り上げ』を武器にアパートを建ててもらい
 建築費に利益を上乗せしておき、その利益で将来の
リスクヘッジをする。

・一括借り上げによって手数料を得る。

・そもそも、家賃保証ではないので
借り上げ業者に有利な条件を
設定することができる。

 

基本的に企業から提案される
仕組みは企業のメリットがあるものしか
存在しません。

お客様の為にあるようなものでも
巧妙に自社が有利になるように
作られているものばかりです。

すべてではないと思いますが、
大半はそうです。

 

次回から、一つ一つを
解説していきます。

 

それではまた♪

 

中邨宏季