こんにちは、浜松の若手投資家の中邨(ナカムラ)です。

 

今日は沢山の投資家さんの話を聞いてきました。
やはり自分と違う視点を持った人の考え方に触れるのは
刺激になって面白いですね。

このような機会があればまた参加してみたいと思います。

 

それでは今回は、
不動産投資をスタートする時の心構えについて
お話ししようと思います。

不動産投資には色々な投資法があります。

・木造
・鉄骨
・RC
・新築
・築古
・一棟所有
・区分所有
・地方投資
・都心投資
・現金
・融資

どんな戦略をするのかは
人それぞれです。

ただ、ご自身の求めるものに
向かっていける投資法を選べば
良いかと思います。

 

例えば、一気に資産を拡大して
数年でリタイヤできるようしたいのなら
地方のRCでできる限り融資を活用して
資産拡大をしていく方法が良いかと思います。

 

逆にまだ若い年齢の方が定年までに
年金の代わりになるようなものを築きたい
ということでしたら、
区分所有や戸建ての不動産を現金で
コツコツと買い進めるのも良いかと思います。

 

インカムゲインだけでなく、キャピタル狙いで
一気に物件の価値を引き上げて転売するような
戦略なら、中古築古の物件を復活させてあげれば
良いかと思います。

 

どんな投資法がご自身に合っているか。
目指すべき場所はどこなのか。
それを明確にすれば自ずと選ぶべき投資の
方法が見えてくるはずです。

まずはこれを明確にすることが第一歩ですね。
ただ、様々な投資法の良いところばかりに
目が行ってしまっていてはいけません。

 

例えば、地方RCの戦略で一気に資産とキャッシュフローを
拡大したいと思っていたら、
2億、3億の借金は当たりまえです。

月収100万円を目指している人が数億の借金を怖がっていたら
結局前に進むことはできません。

無理して大きな借り入れをして、
夜も眠れなくなるようなプレッシャーに襲われてしまう
ようでは結局成功できません。

常に自分のキャパを超えないように選んでいく必要が
あります。

ただ、リスク【ゼロ】の投資はありません。
どんな投資法を選んでも必ずリスクはあります。

このリスクを自分で許容できる範囲で
選ぶということは非常に重要です。

まずは、色々な方法を知り
その中でご自身に合った投資法を
見つけられると良いですね。

 

それではまた♪

中邨宏季