不動産投資を行う上での「リスク」として、僕が一番「恐れている」のが、

自殺や孤独死、殺人事件などで所有する物件が「事故物件になること」です。

 

たしかに不動産投資には、他にも様々なリスクが存在しますが、いずれも、

何かしらの「手だて」によって「リカバリーは十分に可能」と思っています。

 

例えば「空室」ならば、管理会社さんとの連携による「物件のバリューUP」

や「賃料見直し」「募集体制の見直し・強化」、また「台風などの天災」に

ついては「(オールリスク・地震保険付きの)損害保険への加入」などなど。

 

けれど、この「自殺」「孤独死」「殺人事件」などについては・・・一部に

補償をされる保険もあることはありますが、限られた管理会社さん経由でしか

加入できないなど、かなり制限のあるものでした。

 

なので、この「事故物件」に対しては、「(リスクの少ない)ファミリー向け

物件にする」か「管理会社さんになるべく密に、入居者さんの状況チェックを

してもらう」位しか思い浮かばず、正直、「もし(自分の物件が)事故物件に

なったらどうしよう」と、何気に不動産投資を始めて以来、絶えず恐怖に怯えて

いました。

 

ただ、この「実践大家コラム」で、そのような危機を乗り越えられた「先輩達の

の体験記」を読ませていただき、もしもの時も「何とかなる」と開き直っていた

(苦笑)のですが・・・

 

最近、この「事故物件」に対しての認識が変わる話を耳にしました。

当然、賃貸物件の家屋内で「自殺」や「孤独死」、「殺人事件」などが発生すれ

ば、まず(普通の感覚として)「縁起が悪い」「気味が悪い」「恐い」という、

「負の感情」によって「敬遠される」のは「当たり前」と感じます。

 

「入居者がいなくなる」ことが、不動産賃貸業にとって「致命的」であることを

考えればこそ「恐怖の事故物件」なのですから。

 

でも、最近「事故物件」をあえて指定して借りるケースが増えている とのことなのです。

 

もちろん、家賃は相場より「かなり安く」はなってしまうのですが、それでも

「借り手がある」ということは、とても心強いニュースでした。

 

詳しいお話しはまた、次回のコラムにて・・・

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ハートの石