こんにちは、浜松の若手投資家の中邨です。

 

本日からしばらくインドネシアに行ってきます。
今回はインドネシアで進めている事業の為の視察と
環境づくりになります。

今回はインドネシアのバリ島というリゾート地です。
有名な場所なので知らない人の方が少ないですね。

直行便を使えば日本からデンパサール空港までで
約7時間です。

近いような遠いような・・・って感じですね。

とはいえ、3泊5日で往復の航空券やホテル代を
含めても10万円以下で収まってしまうので
意外とお値打ちです。

もちろん、低価格帯の航空会社を使わないと
それなりの金額になりますが、仕事で行く程度なら
これで十分です。

東南アジアはまだまだ物価も安いので
現地での滞在するのに必要なお金も抑えられるので
意外と長く滞在しても大したことはありません。

まぁ、それだけ自由な時間が取れるかどうかが
問題ですが。

 

今回は僕が一緒に行く人だけでなく、
各地の投資家や資産家が参加します。

やはり、良い話にはいち早く
参入してくる人たちは必ずいますね。

最近は、インドネシアに行くとビジネスマンに
遭遇することが多いです。
リゾート地で何故か、スーツ。

間違いなく、ビジネスで滞在している人達ですね。
そして、インドネシアで最も注目されているビジネス
といえば、やはり不動産だと思います。

特に世界的な不動産価格の上昇率や
GDPの伸び率を見れば分かりますが、
このインドネシアの伸び方はすごいですね。
まさにバブルと言ってもいいぐらいです。

ただ、日本のバブルを思い返してもらえば
分かりますが、バブルが加熱しすぎてからの
参入はリスクが大きいです。

急激に価格が上昇しますが、
ある時にいきなり急降下するタイミングがきます。

だからこそ、急上昇し始めた初期に投資することが
最大のリスクヘッジになります。

そもそも、まだ上昇し始めた時なら
価格も安いので下落するほどの価格帯ではないからです。

しかし、上昇率はまったく違います。
2倍や3倍なんてものじゃないですからね。

 

さて、この東南アジアを活用して
どれだけ沢山の億万長者が出来上がるのか
見ものですね。

現地からまたご報告したいと思います。

それではまた♪

中邨宏季