こんにちは。梶森です。

前回の続きです。

私が所有する練馬区の1ルームマンションの管理費を下げるために、マンション管理費見積一括サービスから見積を取り、その結果現在の管理費229万円に対して、最安値の見積が157万円で年間72万円もの管理費が下がるというお話を書きました。

 

管理会社を変更するために理事長になる!?

見積取得後、見積一括サービス会社のマンション管理コンサルタントの方と打ち合わせをし、管理会社を変更するためには、マンションの管理組合の理事長、もしくは最低でも理事になって、組合の総会で議題提議できる役職にならないとなかなか前には進みにくいとアドバイスをいただきました。

「分かりました。理事長でも何でもこの際、やってやりましょう!」と返事をしたものの・・・

どうやって理事長になれば良いのか、全くわからなかったので、さらにアドバイスをいただくことに。

そこで、いただいたアドバイスとは、「理事長に手紙を出す」ということでした。

 

現在の管理会社へ電話

理事長にコンタクトを取るために、まずは管理組合へ電話をしてみました。

梶森:「もしもし、○○○号室を所有している梶森と申します。このマンションの管理組合の理事長はどなたでしょうか。実はお手紙を出したいと思いまして・・・」

管理会社:「○○○号室を新築当初から所有されている○○さんです。(あっさり教えてくれた!)」

梶森:「そうですか。○○さんの住所を教えていただくことは可能でしょうか?」

管理組合:「個人情報ですので、それは・・・○○さんに許可をいただかないと。もしくは弊社にお送りいただいたら、弊社から○○様へお送りすることはかのうでございます。ちなみにご用件はどのような内容でしょうか?」

梶森:「実は管理費が少し高いかなと以前から思っておりまして、他社から見積を取ってみたんです。すると結構下がりそうだったので、総会で管理費について取り上げていただけないかなと思いまして。」

管理組合「・・・・(しばらく空白の時間があって)分かりました。」

 

というようなやり取りをして、あっさりと理事長の情報をゲットすることができました。さらに理事長が輪番制なのかも確認しましたが、そうではないとのことでした。

 

管理組合の総会が直近であるのですが、そこには恐らく間に合わないので、臨時総会を開催しての議題提議になります。私も1度、所有物件の管理組合の総会に参加をしましたが、投資用のみの物件の場合、ほとんど出席している方がおらず、結果的に参加者は私一人でした。

という事は委任状さえ過半数ゲットできれば、管理会社を変更することができる!?もしくは現在の管理会社の管理費を大幅に削減することができる!?

前回取得した管理費の他社の見積と手紙をつけて、管理会社経由で手紙を書こうと思います。

その前に、管理会社の私の手紙はもみ消されることは無いだろうか!?この点について現在悩んでいるところです。

 

管理会社の戦いについて、進捗があり次第アップロードしていきたいと思います!

 

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 続きはコチラ!