リーラハイタウン①

こんにちは!NAKAです。

 

今回は、

たったの一言で80万円の指値が通った成功事例

についてお話したいと思います。

 

 

楽待のコラムをご覧の方々でしたら、

指値という言葉はもちろんご存知と思います。

 

簡単に言うと、

不動産購入の際に、価格交渉をする事

ですね。

 

 

私自身、2戸目の東京23区内の区分所有を購入した際の、

80万円の指値が成功した具体的な事例です^^

 

 

その物件は、山手線のとある駅から徒歩6~7分くらいの、

RC区分所有・築30年くらいで約23㎡の1Kマンションです。

 

 

マンション自体はとても大きく、管理もしっかり行き届いており、

外見も築年数以上にキレイです。

 

総戸数も大きいだけに、管理費や修繕積立金も安価でしたので、

非常に第一印象は良かったです。

 

 

立地も良く、入居者が入ったままのオーナーチェンジで、

購入時からキャッシュが入る物件と確信した為、

速攻で現地調査に行き、速攻で買付を入れました。

 

 

880万の物件に対して、800万での購入意思を告げたところ、

売主さんからの返事は、なんとすんなりOKとの事。

 

当時ド素人の私は何の根拠も示さず、ただ、

「お安く譲ってください!!」

とお願いしただけなのに。。。

 

仲介業者の担当者さんもビックリしてました(笑)

 

初めての指値が成功した形になり、とても嬉しかったのを覚えています。

 

 

今考えると、指値が成功した明確な原因は2つあります。

①    売主さんがかなりご高齢だった(指値が通った後に知りました)

②    これも後から知ったのですが、その売主さんは、どうやら有名な資産家の方らしく、80万円くらいは全然余裕そうだった(笑)

 

以上の2点が大きな成功の原因かと思います。

 

当時の私は、ほとんど知識など無かったので、

ストレートにお願いしたのも功を奏したのかもしれませんね。

 

契約の際、その方とお会いする事になったのですが、

お一人では歩行する事もままならない為、側近の方を一人お供に連れていました。

 

今考えると、水戸黄門様のような方でしたね^^

 

売主さんがどんな方でどんなご理由で不動産を売りに出されているのかも、

非常に重要なポイントですね!

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。