こんにちは!NAKAです。

 

今日は、私が実際に行ってみた、

不動産投資に対してネガティブな家族を味方につける方法

をお伝えしたいと思います。

 

多くの方が、ご家族や知人に不動産投資に対して反対されると聞きます。

私自身も、妻の賛同が無ければ、不動産投資は出来ていませんでした。

 

最初はあまり乗り気でなかった妻をどうやって味方につけたか、

をお話させて頂きます。

 

周りに全く不動産投資をやっている人がいない状況で、

自分が不動産投資をやろうとした時、親族や友人から何と言われるでしょう?

 

もともと大家さんをやっていたり、何か自身で事業をやっている方なら、

「頑張れよ!」

と言われる事も多いかと思います。

 

ですが、ほとんどの人は、

「無理だって!やめとけよ!」

と言ってくるでしょう。

 

それは、あなたの事が心配なのか、変わって欲しくないか、

どちらかだと思います。

ありがたい事ですね。

 

もし、そんな状況ならば、以下の事を試してみてください。

私はそれでネガティブな親族や友人を味方につけて、

今では皆応援してくれています!

 

①    不動産投資の話を少しづつ少しづつ小出しにしていく

②    著名人も不動産投資をやっている事に気づいてもらう

③    不動産に関する本を購入し、ネガティブな家族の目につくところに置いておく

※ロバート・キヨサキさんの有名な本「金持ち父さん貧乏父さん」のシリーズは、女性目線の本もあるので、非常におススメです!

④    不動産投資を実際にやっている人と仲良くなる

⑤    仲良くなった人と飲みに行く

⑥    不動産投資をやっている人と、ネガティブな家族も一緒に美味しいご飯を食べる

⑦    ネガティブな家族が少しづつ味方になってきたなと思ったら、物件を見に行く際にその都度連れて行き、物件近くで美味しいご飯を食べて帰る

⑧    ①~⑦をやり続ける

という事です。

 

以上の8個の項目を、やり続ける事が重要です!

 

私も、不動産投資を始めたおかげで、

親族を海外に連れていけるようになりました!

両親は、

「次どこ連れてってくれるの?」

なんて言って来る状況になってます(汗)

 

一番重要なのは、

あなた自身が不動産投資を楽しむ姿勢を見せ、

成長を見せる事です!

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。