こんにちは、きりのきです。

楽待さんに投稿をするのは随分と久しぶりとなってしまいました。

忘れていたわけではないのですが、最近の忙しさと体調不良とが

重なってしまい、申し訳なかったです。

 

いつの間にかコラムニストの面子も大きく入れ替わったようで。

素晴らしい方々がたくさんいらっしゃるので、僕が書くような事

があまり残されていない、というのも本当の話。

 

放置しすぎて楽待さんの方からお叱りを受けましたのでご依頼を

承りましたので、また時々書かせていただこうかな、と。

 

小物の僕ですが、ご興味が沸くようでしたら過去記事をご覧下さい。

 

僕は不動産取引の専門家でも、建物について詳しいわけでも、金融

のプロでもありません。

 

不動産投資家としても新米です。

 

そんな僕ですが、50戸以上ある所有不動産は現状満室となっており、

経営はなんとなく順調に進んでいるように見えます。

 

この先どうなるかはまだ分かりませんが……。

 

サラリーマンでも社長になれる

不動産投資の良いところは素人でも何とかなるところですよね。

 

不動産取引なんて一度もしたことのないずぶの素人であった僕でも

こうして経営者となり持続的な事業展開ができるのは、不動産投資

の大きな可能性を表しています。

 

つい2年半前まで、与えられた労働をこなすことでしかお金を得る

ことができなかった僕がいつの間にか複数の事業者を相手に取引を

行う経営者です。

それも労働者としての立場は何ら変えずに。

 

僕は子供の頃から「社長」にある種の憧れを持っていました。

自分の力で道を切り開いて会社を切り盛りするその姿に、ゲームの

主人公のような印象を抱いていたのかもしれません。

 

ですが僕は「日本人として普通の」人生を歩んでしまったもので、

学生のうちに起業するとかそういった行動を取ることができません

でした。

 

一度社会人になってしまうと立場に対する責任を感じるようになる。

そうではない例外的な人もいるかもしれませんが、僕は小心者です

ので責任を放棄して飛び出すことには強い抵抗があります。

 

また、不安もありますよね。最近世間ではブラック企業がどうの、

労働者が守られていない、などと話題となっていますが、それでも

多くの人間は独立起業しようとはしません。

 

労働者が安定して楽に生活費を得ることができると知っているから。

今の平和を破棄してまでまだ見ぬ新たな人生を目指せるかといえば、

なかなかできることではない。

 

国際情勢的にいえば、ウクライナやイスラム国、スコットランド等

のような状況へとなろうとしているのと同じですから。

 

正社員としての労働と責任を抱えたまま行える事業は、実のところ

たくさんありますがかなりの過重労働になってしまいます。安定的

に大きな収入を得るとなるとより厳しい。

 

今の仕事を変えることなく、家族との時間を潰すことなく、将来の

設計図を書き換えるほどのポテンシャルがあり、世間的にも認知度

が高い事業は、不動産投資以外に存在しません。

 

少なくとも僕の知る範囲では。

 

サラリーマンにとってこれほど現実的で将来の独立まで見越すこと

のできる事業は無いと思うんですよね。

 

だからこそ楽待さんはそういった想いを抱える方々から多くの支持

を得てアクセスもうなぎのぼり。

 

うらやましい限りです。僕のブログも、楽待さんほどのアクセスが

あったらどんなに嬉しいことか。(笑)

いつかはこんな大きな建物の持ち主になりたいものです。

不動産投資もビジネス。それ以上でも以下でもない

不動産投資は諦めていた夢を再度追いかけたいと願うサラリーマン

にとって究極ともいえる武器です。

 

ただ単にお金が欲しいなら株でも買っていた方がずっと効率的では

ありますが、事業の経験を得ることはできません。

 

不動産投資は、サラリーマンから脱皮したいとの願いを叶えるため

に最適なものであると確信しています。

 

と、ここまでは不動産投資を持ち上げてきましたが。

 

あくまで、「本当の本気で」臨む方にとっては、に限るとの米印を

付け足させて下さい。

 

僕は思考はポジティブに、表現はネガティブに、を心掛けています。

過去記事をお読み頂ければそれはすぐに分かることと思います。

 

不動産投資は、あくまで時間的に他のビジネスよりもサラリーマン

のままで手を出しやすい、というだけで。

 

それ以外の要素。成功までの苦労、背負う金銭的リスク、精神的な

ストレス、その他諸々のビジネスとしての本質は何も変わらない。

 

「サラリーマンの副業」で行えるものではありません。

 

楽待さんのコラムは、既に不動産投資で成功されているベテランの

方からこれから開始したいと考えている方まで様々かと思います。

 

僕は常に、「不動産投資を始めてみたはいいものの、さっそく道に

迷ってしまった方」「不動産投資に興味はあるが、はじめの一歩を

踏み出すことを迷っている方」向けのことを書いています。

 

ですから、楽待コラムでもベテランの不動産投資家の方々にとって

何ら有益なことは乗っていないんです。

 

乗っていないんですが、共感を得たとの反応を示してくださる方の

多くは僕よりもずっとベテランの不動産投資家さんです。(笑)

 

ベテランの皆様方にまでわざわざ僕のコラムをお読み頂くなんて、

ありがたいやら恥ずかしいやら。

 

これがどういうことか、分かりますよね?

 

誰でも手を出しやすい儲け話にどんな裏話があるのか。

楽待さんが抱える数多くのコラムニストの経験談を読んでいけば、

きっとその全貌が理解できてくると思います。

 

既に不動産投資の世界に足を突っ込んでしまった方はともかく、

これから始めたいと希望を抱きつつもコラムを読み勉強を進める

慎重派のあなたは。

 

全貌を理解したうえで、それでも不動産投資を始めたいと思える

ようであれば、ぜひチャレンジをして下さい。

 

その覚悟があれば、決して想像よりも悪く終わることはないでしょう。

 

今後も更新ペースは遅いと思いますが、お読み頂けると幸いです。

宜しくお願い申し上げます。