皆様こんにちは、さぬきうどん大家です。

 

残暑も過ぎてきて街に出歩きやすい季節ですが、どこに出かけても見かけるのがビルや土地に掲げられている商業広告看板ですね。

 

不動産賃貸経営をしていると、街中に沢山ある看板も誰かが不動産所有者から借りて賃貸料を支払っている事が多いのに気がつきます。

 

中にはドデカい看板もありますから、看板スペースを貸すだけで賃貸収入が入ってくる状態をヒジョ〜に羨ましく思っていたものです。人に家を貸す賃貸と違って手間が掛からなさそうですし^^

 

ただ、看板広告業界にコネがあるわけでもないので、何か機会があればなぁ〜と、ずっと待ちの状態でした。

 

すると先日、大通りに面していて近年取得した店舗併用ビル(自宅)の前で、ビルの上の方・側面壁を見上げている営業マンがいるではありませんか!

 

この近年取得した物件は側面壁が大通り道路から結構見えやすく、取得する時から「もしかしたら広告収入も得られるかも^^」と思っていたのです。

 

ただ、もしかしたら違う業種の営業マンかも知れません。目を合わせるべきか一瞬迷いましたが、勇気(欲気?)を出して目を合わせてみました。

 

さぬき:どうされました?

営業マン:実はワタクシ中抜広告社(仮名)の者ですが、この付近で広告看板を出させて頂ける場所を探しておりまして。。

 

さぬき:(キターー!)

 

営業マン:畳二枚分位の寸法で取付はウチで専門業者を使ってちゃんと行わさせて頂きます。

 

さぬき:広告はどんな内容なんですか?

 

営業マン:某大手スーパーで、何百メートル先左折とかの行き先案内です。

 

さぬき:分かりました。ちなみに。。。。ゴホン、ゴホンッ。。。。。。

 

営業マン:、、、、月額○△□*円なんです。。

 

さぬき:ええっ!それだけなんですか!?(たったそれだけ?ガキの使いやあらへんで。。)

営業マン:この業界、看板賃料相場はそんなに高くないんですよ。。

 

さぬき:そうなんですか。。(ホンマかいな、きっと毎月ナンボか抜くんやろうなぁ〜。。。)

 

即答はせず、家族にも相談してみるとの事で後日ご返事する事にして家族会議。

 

すると長男が「え〜、 恥ずかしいからヤダ〜!」。。。

 

自宅でもあることから子ども達が自分の家に看板がかかる事にコンプレックスを持ってもいけませんから、貴重な機会ではありましたが辞退しました。

今回は自宅だったので残念しましたが、貸土地等の立て看板等、不動産収入の多角化に向けて目指していきたいものです。