こんにちは。上條直子です。

 

前回の記事の続きです。

 

写真盛りだくさんでお楽しみください♪

 

 

毒蛇蠢く沼地の

インディージョーンズアパート
(ブログ読者の方の感想を元に命名させていただきました)
を後にし、Rさんのご自宅へ→

 

途中でいくつか

 

一般公開されていないのはおろか
登記簿を上げても持ち主が不明だったり
あまりにも異様ないわくつき物件などを
Rさんに案内していただきました

 

それらはまた番外編として後日…

 

到着しました‼︎

 

さすらいの大工Rさんの
感動カスタムハウス!!

 

1

 

お分かりいただけますでしょうか

 

2

 

平屋にウッドデッキが取付けられています

 

3

 

デッキの向こうには、芝を植えた空き地と川が
キャンプみたいなファイヤープレイス

 

27

川で拾った流木で適当に作った
というカウンターや柵がとってもおシャレです

 

 5

外構にも手抜かりはありません

デザイン性の高い石タイル敷き詰め

モルタルでしっかり舗装されており
完全にプロのしわざです。

 

6

 

デッキにはなんと

ピザ焼き用の石釜まで!!

 

しかも手作り。

この人、天才だ~~~♡

 

8

 

天才の手です。

 

次回、この石窯で焼いたピザを食べながらのご自宅飲み
にご招待いただきました。楽しみです♪

 

ちなみにRさん、独身です。

 

サーフィンを愛する41歳
さすらいの大工
彼女絶賛大募集中です

 

 

閑話休題。

 

いよいよおうちの中へ…

9

 

10

 

ここ、本当に家!?

 

11

 

12

 

ちなみにこの味のあるテーブルも
流れ着いた板と廃材の脚を再利用した
Rさんの手作りです
材料費はもちろんタダ

 

13

 

電気工事もお手のもの

コンセント増設からスイッチの新設まで
なんでもござれです

 

これはわざとデザイン的にむき出しで仕上げているそうです
サビも計算済みのアクセントです

 

14

電線カバーに使ったのと同じ
足場用の鉄パイプでサーフボードラックも

 

15

感動したのがこの床!!!!

(足は私です)

 

高そうな古材だと思いますよね…

 

なんと、安価なアレです。

おなじみベニヤ板です。

 

Rさんのマル秘アイデアテクニック
安価な素材が重厚感あふれる古材調に‼︎

 

気になる材料代は…
なんと6畳分で合計1万2千円‼︎‼︎

 

驚きのあまりのけぞりました‼︎

 

床材メーカーの脅威的存在です
既製品はもう使えません(?)

 

インテリア大好きな私は、終始大興奮!
するとRさんはそんな私の姿が珍しかったのか

 

こんなに内装や家具を褒められたことがないのですごく嬉しいです。
内装工事でも家具でも外構でも、こんなので良かったら
いつでも日当と材料実費だけでやりますよ。

 

と。

 

 
………神様。

 

素晴らしいご縁に
心から感謝いたします☆

 

……………………………………………………………………………………

続いてキッチンへ~

 

16

 

またも素敵な質感の床
こちらはフロアタイルだそうで固い質感です

 

21

 

おなじみダイノックシートを貼ったキッチン扉ですが
配色が尋常じゃなくオシャレ

 

22

 

キッチンの壁面に張ってあるのは…
木目柄のクロスではなく
現場で余ったクッションフロアの端切れ

 

アイデアとセンスの良さに脱帽です

 

「こんなので良かったら現場の余り物だし
タダでやりますよ~」

 

と。

 

今すぐ、やっていただきたいです。

 

19

 

クッションフロアの端切れはこんなところにも
玄関のたたきです

 

同じく余り物の白いPタイルをアクセントに
センスの良さに悶絶です~

 

20

 

黒く塗った洗面のドアに
現場で廃材となった扉に付いていたレトロな木製ノブ

 

トイレと洗面所、寝室の写真を撮り忘れましたが

便器の交換から水道管の配管、ちょっとした電気工事まで

 

大体何でも自分でやってしまうそうで

 

あらためてRさんの多能ぶりに驚かされたのでした

 

 

というわけで

 

今回のコラムはインテリア特集記事
のようになってしまいましたが

 

大工さんのような技術を持っていなくても
すぐに真似できるアイデアが満載だったように思います

 

 

大切なのは
センスとアイデアと情熱ですね

 

 

最後のおまけに

 

Rさん渾身の力作
露天風呂の残骸(笑)

 

をご紹介しましょう!!

 

25

 

26

 

えも言われぬ風情がありますね♪

 

入る人がいなくなって朽ちてしまったそうですが
近々再生してくださるそうです(笑)

 

27

 

上の写真の左上に小さく写っているあずまや
Rさんの露天風呂です

 

それにしてもRさん

 

ライフスタイルが自由すぎて
まるで少年。

 

これまた手作りの桟橋で釣り糸を垂れたり

拾った小舟で川遊びをしたり…。

 

24

 

ミシシッピな雰囲気なので
Rさんのおうちを勝手に

 

トムソーヤーハウスと命名しました

 

……………………………………………………………………………………………

 

結局、千葉地上げツアーの初日は

 

・シルバーさんとの草むしり直接契約
・沼地のインディージョーンズアパート見学
・さすらいの大工Rさんのお宅拝見

 

で終了しました
とても実り多き初日となりました

 

Rさんとは再会を固くお約束しました

 

・これから工事のいろいろをお願いすること
・Rさんの手作り家具の販売ルートを私が開拓すること
・私の物件に備え付ける家具や什器を作っていただくこと
私が次に購入するボロ家に格安家賃で住みながら
 ミラクルカスタムをしてくださること

 

などが決まりました!!

 

とても実り多き初日となりました

 

次回はトムソーヤーハウスで
石釜ピザパーティーです♪

 

千葉訪問の楽しみがまたひとつ増えました

 

いつもいつも本当に
素晴らしい方々とのご縁に感謝です
私は本当に幸せ者です

 

地上げツアー2日目(vol.4以降)
少し日をずらして公開させていただきたいと思います

 

長々とお読みいただき、ありがとうございました。