また、1か月半ほど投稿が空いてしまいました。先月、投資家2名を推薦させていただき、お二人とも新コラムニストになられたのですが、すでに抜かされています。(汗) がんばろうぅー

 

10月4日路上にサイフを落としました!

ちょっとボケっとしてました。落ち込んでいます。いつものように、ママチャリで移動。暑い日でしたので、短パン姿で、ポケットにサイフを入れていました。自宅周辺です。ポケットを触り、財布が無いことに気づき、すぐにママチャリダッシュで戻りましたが、財布はありませんでした。4分くらいの出来事です。財布には、現金数万円、キャッシュカード、クレジットカード、健康保険証、運転免許証、家の鍵、ジムの会員証などが入っていました。すぐに警察に届けましたが、いまのところ連絡なしです。拾った人は、返してーー!

数日後、ママチャリの後輪がパンクしていました。近所の自転車屋さんに持っていくと、チューブの取り換えになるので、4~5千円かかるとのこと。前輪もかなり傷んでいて、躯体もガタがきているとのことで、新車に買い替えることにしました。共に多くの物件を回ったママチャリ1号よ、8年間ありがとう!!

 

利回り、日に日に低くなってますね。

売り情報が毎日入ってきますが、利回りがドンドン下がっていますね。東京都内、中古アパート、マンション7%はざらです。懇意にしている営業マンに聞くと、「これでも買う人が居るんですー」とのこと。

実際、利回りが低くても、税金対策で買う方が居るということは良く聞きます。

サラリーマンの方も同様ですが、他に所得があり、不動産経営で大幅な赤字を計上すると、損益通算で税金が戻ります。住民税も低くなります。これは、大きなプラスのキャッシュフローになりますね。

不動産経営は、建物の減価償却にて数年間にわたり経費を落とせますが、(つまり課税所得は低くなり、税金がやすくなる)この減価償却は実際にキャッシュが出ていくわけではないので、手持ちの現金は増えるのです。「減価償却」結構好きな言葉です。

特に、サラリーマンの方は、毎月の給料から引かれている税金に気を付けている方は少ないかもしれませんが、不動産経営を始めると、税金に敏感になります。不動産経営に関わる経費を計上して、合法的に節税することが可能なのです。そして、サラリーマン脳から、経営者脳、事業家脳に変わることも大きなメリットです。サラリーマンを続けていく方、今後新たな事業を始める方でも大きな利点になることでしょう。

 

■今日の教訓!

サラリーマン脳から、事業家脳へ!

頭を切り替え、税金をコントロールしよう!

財布はポケットに入れないこと!(笑)