前回まで2回続けてサブリースの現実についてお話ししてきました。

サブリースにすると自分がコントロールできる範囲が減りますし、入居率が低ければ家賃を下げられても文句言えません。

それでも、

「本業が忙しい人にとっては、サブリースにすれば全部お任せですみますから、それはそれでメリットがありますよ。」

って、本当なのでしょうか?
結論からいうと、楽だけどそれに安住するとダメです。
全部お任せとはいきません。

サブリース会社との契約に入っていない範囲のことは、都度判断が必要になります。
判断までお任せにすると、収益力が下がる可能性があります。

例えば、こんなケース

猫フン被害にあって入居者様からクレーム

サブリース会社さんが、忌避剤を撒いたり、役所に相談したり、頑張ってくださいましたが、なかなか効果がでませんでした。

砂利敷きをコンクリート敷きに変更すれば効果があるかも、ということで見積もりとってくださいましたが、40万円オーバーと高額で、とても踏み切れません!

自分でもネットでいろいろ調べて、サブリース会社さんと相談しながら、猫が嫌がる超音波発生装置(ガーデンバリア)とトゲシートを設置することで費用を抑えました。

雑草が山盛り生えてベランダに入り込み入居者様からクレーム 

サブリース会社さんが造園会社に見積もりとってくださいましたが、思ったより高額な見積もりを見て、委託するか、相見積もりとるか、自分でやるか、判断が必要になりました。

当時本業が忙しかったし、冬で寒かったので委託しちゃいましたけど。

わたしのサブリース契約は原状回復がサブリース会社負担なのですが、そうでない場合は、退去の度にリフォーム内容と費用を判断しなければならないはず。

その点では、私がお付き合いしているサブリース会社は良いです。

修繕リスクが減るので銀行にもとても受けが良いです。

いずれもお金を出せば済む話ですけど、現地を目視や写真で確認して、コスト対効果の高い選択をすることがお金を残すコツです。

サブリース会社さんとお互い協力して運営するくらいの姿勢が良いです。

こちらもどうぞ

予期せぬ朗報!何もしないでアパートの収入が1万円増えました