手持ちのキャッシュが不足気味。いとうです←挨拶

 

 

毎度読んで頂き、有難うございます。

早いもので、師走ですね。

 

 

最近、競売に興味があります。

不動産を安く買う手段でもあるのですが、

自分の家の近くの物件が売りに出ていたからです。

 

売りに出ていた物件とは土地の事なのですが、

面積は377平方メートル、

売却基準価格153万円、

最低買受価格122万円。

 

バス停は至近、コンビニ自転車5分以内、

最寄りの保育所は入所待ち無し。

 

たとえ田舎だとしても、この部分だけ書けば

「買い!」なのですが、現況はほぼ林です。

多少、大げさな表現かもしれませんが、ほぼ林なのです。

 

しかもただの林ではありません。

一体、トラックが何台必要なのか?

そう思うくらいに土が盛ってあります。

 

実際、

三点セットと呼ばれる資料には、

高い部分で地面から2メートルほどの土が盛ってあると記入されていました。

一軒家の不要物撤去と比較にならないほどの労力が必要そうです。

 

 

と言う訳で、調査です。

 

競売にも代行があるのですね。

全く知りませんでした(苦笑

競売を代行してくださる方を

「競売コンシェルジュ」と呼ぶそうです。

 

早速、競売コンシェルジュが在籍していらっしゃる

不動産屋をインターネットで調べて、行って参りました。

 

軽く自己紹介した後、状況について説明して、

検討している物件についての資料を貰いました。

 

余談ですが。

競売の三点セットと呼ばれる資料ですが、

番号の後に(ケ)と(ヌ)があります。

たま~に見かける(ヌ)は検討を止めておいた方がいいそうです。

プロでも手を出さないそうです。

 

…事件がらみの物件らしいです。

 

さておき、

資料を熟読しました。

 

結論から先にいいますと、入札は見送りました。

ちょっと、リスク及び撤去費用が高い気がしたのです。

 

因みに、

やめようと決断した最大の理由は資料にあった、

「土壌汚染の可能性もある」

これでした。

 

最近、その物件の前を通ったのですが、

少しずつですが、こざっぱりとしてきていました。

 

購入しなかったにしても、コラムのネタとしては

入札してみた方が良かったのかなぁ。

そんな事を思うこの頃です。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。