もう12月に入ってしまいましたねー。1年あっという間です。

今年は、「8人の成功者による不動産投資ノウハウ完全版 8つのステップ 2014」の講師をやらせてもらったり、東京国際フォーラムで講演をしたり、チャレンジングな年でした。来年も良い年にしたいです♪

メインバンクと面談

先日、メインバンクの一つである銀行の担当者と面談しました。私からの用件は、金利の引き下げ要請です。その結果は後日になります。また皆さんにご報告しますね。

そして、担当者が別件を切り出してきました。

「小林さん、融資している他のオーナーの物件なのですが、利回り12%の1棟もののビルがあるのです。都内です。買いませんかー?」

「どんなビル?」

「アダルトビデオの制作会社がまるごと1棟借りてるビルなんです」

「アダルトビデオ!!」

実は、先日もラブホテルを買いませんか?と不動産会社に言われ、断っていました。最近ピンクがかってますw。

そのビルで撮影もしているのか? 業態確認で見学できるのか? など妄想が広がります。

でも、冷静に考えてみると、リスクのある投資ですね。このAV会社の売り上げは絶好調とのことですが、いつ下降局面に入るかもしれません。好調が続けば続くで、今度は他の新しい綺麗なビルに引っ越してしまうかもしれません。そうなると、テナント収入はゼロになります。ALL or NOTHING! 危険ですね。

 

また、担当者いわく

「最近、リスケ*の嵐です。返済は金利のみという所も多いです。不動産を買ったはいいものの経営がうまくいかない人が多いんです。トホホ」とのこと。

リスケ*(リスケジュール)とは、毎月の融資の返済がきつくなったため、銀行にお願いして、毎月の元金返済を少なくしてもらったり、元利金の返済を猶予してもらったりすることです。

「ふーん。そうなんだー。煽られて不動産買っても、その後は厳しいんだね。。大変だね。。。。AVビル、買わないと思うけど、後で資料を送っておいてね♪」

そう言って、銀行を後にしました。

 

■今日の教訓!

銀行は市場に流れる前の情報を、実は持っています!

 

■「ママチャリ大家」小林ヒロシ のプロフィール

https://www.rakumachi.jp/news/archives/author/kobachan