o0480036011728228675

 

こんにちは!NAKAです。

 

今日は、これから迎える賃貸業界の、

繁忙期になる前にやっておきたい事

についてお話させて頂きます。

 

年始から3月末まで、いわゆる繁忙期に差し掛かってきます。

 

大学生の需要が大きな地域にとっては、

非常に重要な期間ですよね。

 

もちろん、社会人の方も多分に漏れず、

3月の年度末は通年で一番人事異動や転職が多い時期ですから、

ここで入居して頂ければ、

大家さんとして、非常に気持ちも楽になると思います。

 

逆に、この期間を逃したら、

学生需要が多い地域ですと、

もしかすると1年以上入居が決まらないかもしれません。

 

実際、そういった方も多くいらっしゃると思います。

 

ですので、今出準備出来る事はやっておいた方が良いと思います。

私自身が考える、繁忙期対策を下記にまとめてみます。

 

①管理会社さんとの打ち合わせ

繁忙期を迎える前に、日頃お世話になっている管理会社さんと、

念入りに打ち合わせをした方が良いと考えます。

ご自身の所有物件が、

周りの物件と対比してより魅力的になる家賃設定、

敷金礼金の設定、設備の見直しなどを話し合い、

設定した方が良いと思います。

②リフォーム業者さんの確保

この時期、入退去数が多いのに比例して、

業者さんも非常に忙しいはずです。

空室になるのが決定したが、リフォーム業者さんがつかまらないと、

単純にリフォームが後回しになってしまい、

入居して頂けるタイミングが遅くなる可能性が高いです。

最悪、次の繁忙期でないと。。。

なんてなってしまったら、1年間がもったいないですからね(汗)

 

この2点を丁寧にしっかり行うだけでも、

効果は大きいと思います。

 

何もやらずに、全て管理会社さん任せではなく、

大家さん自ら率先して動く事が大切かなと思います^^

 

皆で頑張りましょう^^

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。