あけましておめでとうございます。いとうです←挨拶

 

 

毎度読んで頂き、有難うございます。

本年もよろしくお願い致します。

今回から自分でもちょっとびっくりな展開です。

不本意ながら、暫くシリーズもので書かせて頂こうと思います。

多少の時差はありますが、ほぼライブの展開となります。

 

 

母からの衝撃的な台詞が飛び出してきました。

 

 

「父さんの退職金だけど…」

「何?」

「あんた、不動産買わない?」

「え?何?どういう事?」

 

 

父は今年の3月で定年を迎えるのですが、

その退職金の運用先を見つけて欲しい、

つまりは適当な物件を見つけてくれ、と。

そういう事だそうです。

 

 

元々は、

退職金で祖父の建てた家を建て直そうか?

 

そういう話だったのですが、

息子が不動産投資で収入を得ているので、

それだったら、運用した方が良いのではないか?

 

退職金をそのまま使うよりも収益物件を買って、

年金プラスアルファの収入が欲しいのも分かりますよね。

 

「相続税の控除枠が今年から減るからねー、

 物件を相続して税金ドーンは嫌だよ?」

「じゃあ、もとやの名義で買うか?」

「そうすると贈与税がかかってくる

 年間で110万以上のお金の移動は無理」

「…じゃあ、どうしたらいい?」

 

一般的には直接相続よりは不動産を買って相続したほうが、

相続税対策になると言われていますが、

今回は退職金のお話です。

 

相続まで見越した上で、退職金で物件を買う。

そういう不動産投資を考えるわけです。

 

さてさて、どうなることやら。

 

今年の正月は親とこんな事を話し合いました。

退職金が一体いくら出るのか分かりませんが、

それにしても現金で不動産が買えるって強いですね。

優良物件を引き継げるように頑張ります。

 

 

今回も最後まで読んで頂き、有難うございました。