携帯電話を洗濯してしまってiPhoneに変えました。いとうです←挨拶

 

 

毎度読んで頂き、有難うございます。

今回のコラムも前回の続きとなります。

前回のコラム→https://www.rakumachi.jp/news/practical/80408

最初から→https://www.rakumachi.jp/news/practical/79668

 

 

結局、会社を興す方針に決まったいとう家。

早速、会社を立ち上げる手伝いをして下さる会社を訪問しました。

作るのは勿論不動産を所持する法人です。

 

さて、

不動産を所持する法人を作るメリットですが、

・5棟10室の原則不要で青色申告が可能

・赤字を9年繰り越せる

・経費に出来る範囲が広がる

 

デメリットとしては

・会社を興すのにお金がかかる

・会社を維持するのにお金がかかる

 

こんなところでしょうか。

 

 

折角なので、気になった点を質問してみました。

今回、親が不動産を買うに当たり、

先の相続まで見ておかねばなりません。

 

 

Q:息子も出資者になっておいた方が相続はスムーズなのか?

A:止めておいた方が良い。

出資者は世の中に名前が出るので、会社にバレる可能性がある。

実際に懲戒解雇になった方も居るとのこと。

素直に忠告に従って止めておいた方が良さそうです。

 

Q:経費はどのラインまで可能なのか?

A:微妙なラインがあるので、一概には何とも。

  これは実際に経費に出来たものを後日書こうと思います。

 

Q:設立費用は?

A:税理士顧問契約をすれば手数料はタダ

  登録免許税6万円

  登記謄本480円×必要数

  印鑑証明450円×必要数

  印鑑代

  印鑑の代金にもよりますが、ほぼ7万円台ですね。

  因みに設立だけ頼むことも出来ますが、その場合

  手数料が4万円ほど上乗せされます。

 

Q:税理士費用は?

A:顧問料が2万円/月

  決算料18万円/年

 

Q:税理士顧問契約は初年度だけでも可能?

A:可能

 

私が訪問した会社はこんな感じで、

税理顧問契約を結ぶ条件で、安く会社を作る事が出来るのが特徴でした。

料金に関しては他の会社でもあまり変わりないのではと思います。

 

 

それにしても、

税理士さんの費用って結構掛かるのですね…。

個人で進めたほうが良いのではないかと思ったのですが、

親はどうしても会社を作りたいそうです。

最大の理由は…

 

「母親が社長になってみたかった」

 

からです。トホホ…。

 

次回は会社が出来上がったら設立までの流れを書こうと思います。

今回も最後まで読んで頂き、有難うございました。