「売主物件」のメリットは仲介手数料0円!?

今回は物件紹介で見かける、

「当社売主物件につき仲介手数料は不要です。

のメリットに関してお話します。

 不動産業者が元の売主から物件を買い取る形でいったん所有物にして
それを売却すると、仲介でなく直接売買になるので
仲介手数料が発生しないという理屈です。

ただし不動産業者も慈善事業ではないので
通常仲介手数料に相当する利益を別の方法で得ることになります。

販売価格に上乗せするわけです。

 

どっちが得?

仲介手数料のほうは宅地建物取引業法で上限が定められており

【売買価格】の3% + 6万円 + 消費税(8%)

多くの場合この上限で計算されるようです。

 

一方、売主物件で仲介手数料相当分を売買価格に上乗せする場合は
この制約を受けないので、仲介手数料以上かもしれないし
ひょっとしたらそれ以下かもしれない。

実際のところは、購入する際に支払う総額だけを考えると、
売主物件が得なケースは少ないと思います。

 

だから売主物件はダメだと決め付けていいかというと
そういうわけでもありません。

 

「売主物件」の本当のメリットとは?

売主物件も購入スタンスによってはメリットになります。

融資対策です。

”手持ち現金資産をできるだけ減らさずに物件を購入したい”
という場合には武器になります。

 

かつてはオーバーローンも珍しくありませんでしたが、
最近ではフルローンでもハードルは高いようです。

そのため仲介手数料などの諸経費は基本的には自分の手持ち資金から
支払う必要があります。

 

売主物件の場合は仲介手数料相当分が物件価格に含まれているために
この分も融資を受けることが可能なのです。
(もちろん物件の評価が売買金額相応であることが大前提です。)

 

1億円の物件だと約330万円の仲介手数料が発生するだけに
これが手元に残せるかどうかは、今後物件を買い進めるために、
また修繕などのリスクに備えるためにもメリットとなるケースは多いでしょう。

 

融資金額を増やすと家賃収入に対する返済比率は上がってしまうので
総合的な判断は投資スタンスや自分のステージによります。ご注意を。

 

こちらもご覧ください。
『失敗談。サブリースが悪とは言い切れない!』
『記録的に融資のハードルが下がっている。』