黒木です。こんにちは!

小説や映画の世界では、平凡な主人公がある事件をきっかけに変身ヒーローになっていくお話が沢山あります。

 

あるいは、

変身ヒーローの力に気がついていない主人公が、

なにかをきっかけにして、

その能力に目覚めるという物語も数多く存在します。

 

現実世界では、

ヒーローのお話やシンデレラストーリーは本当に数少ないので、

そういった物語を聞くと、ワクワクドキドキしてしまいます。

 

 

スライド1

私のまわりでは、

一見すると平凡なサラリーマンなのに、

実は社長より稼いでいる変身ヒーローが何人もいます

 

彼らは、会社では上司から「○○君、これお願いね」と命令されています。

しかし、金融機関からは「社長!」とよばれています。

 

平日は満員電車にゆられて通勤して、

同僚と一緒に社食でランチをたべています。

夜は、居酒屋で発泡酒を飲んで盛り上がっています

 

しかし、

プライベートでは

高級車やリモでホテルに乗り付けて

ヴィンテージだけ見てワインを注文して、

プラチナカードブラックカードで支払いをします。

 

この大きなギャップは、

まさに「変身ヒーロー」としかいいようがありません。

 

 

そんなバカな?

 

 

ウソのような話が本当になってしまうのが、不動産投資の世界です。

 

もちろん、投資家の中には、質素に生活して、

毎月自然と貯まっていく預金通帳の数字を楽しんでいる人もいます。

 

投資拡大をめざして、

次々と連続して不動産を購入していく人もいます。

 

その人達に共通しているのは、

自分の好きな事をしているということなのです。

 

 

一見、夢のような話ですが、

 

彼らは平凡なサラリーマンでありながら、

経済的自由を手に入れ、

いつでも好きな事ができる状態になっています。

 

 

では、なぜサラリーマンをつづけているのか?

 

 

それは生活のために働くのではではなく、

サラリーマンの仕事が好きだから続けているのです。

 

大家業ではできない、

サラリーマンならではの仕事を楽しんでいるのです。

 

もし、他に興味のある事をみつければ、

いつでもそちらへ移動できます。

 

自分の好きな事をいつでも選択する事が可能なのです。

 

不動産投資は、物語の主人公のように、

ロボットも魔法も、超能力も必要ありません

 

この変身ヒーローになるチャンスは誰にでもあるということがポイントです。

 

ちょっと見方を変えただけで、

現実世界の不動産投資が、

映画の中の世界のように見えてきます。

 

 

しかも、

嬉しい事に、

この映画の主人公もメガホンを取るのも、

あなた自身なのです。

 

黒木 陽斗