前回のおさらいはこちらから↓

・粉失図面を新しく作りなおしました(もちろん外注です)

 

 

気づけば、耐震診断の結果が出ていました(あしかけ3年くらいのエピソードを3,4回のコラムにしているので、時間は経ってます)

 

送られてきた資料の中の、総合所見とかいうのを読んでみると・・・

 

このマンション、

 

1~6階はSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)

7~9階はRC(鉄筋コンクリート)

 

だそうです(このときはじめて知りました。あはは)

 

 

SRC+RCってのはけっこうあったらしいですね。(今もかは知りえません)

 

 

どきどきしながらこの所見とやらを読みました。

 

XだのYだの、配筋がどーのこーのと、よーわからんことが書いてありますが、

 

なんとなく大丈夫そうな報告書です。

 P1130902

ミー、ウイン!てきに喜びました。

 

 

 

ある階層での報告に愕然としました!(がくぜん。って書けない字ですね)

 

P1130904

 

崩壊する危険性が高い!

とか書いてあります。

 

うわーーん。

 

どうなっちゃうの?ミーのきゅーちゃん。

 

売れるの?売れないの?

 

つづく

—さっこんのコラムはこちらから↓↓—