前回のおさらいはこちらから↓

・管理費が下がったら高く売れるのはあたぼーです。(利回りアップ!) 

 

 

今は東京23区区分投資に特化していますが

 

 

かつてはアパート運営もしていました。(4年くらい前まではミニアパート※2こ1アパートのことで、2階建てで1階1戸、2階も1戸というポジティブに表現するならめんこいアパート。3棟6戸所有していたけれど全部売りました。)

すぐハマりすぐに飽きる典型的ざんねんなおじさんです。

 

 

さて、 ひまだったので当時所有していたアパートをチェケラッチョしてみました(ひらたくいうと、空室募集してないかなーってストーキングしてみました)

 

まずは埼玉県富士見市のアパートから見てみましょう。(物件から池袋まで電車で40分くらいかな)

 

所有していた4~5年前の家賃は

 

1階が3万8千円

2階が4万円でした。

 

1階にはフリーターの16歳の少年を悩みながらも受け入れていました(なにさま!?)

 

そんなアパートですが売却してから5年前たった今、満室なのか?

 

空室なのか?

 

をチェケラッチョしてみました。(気持ち悪い?)

 

物件名で検索してみると・・・

 

該当なし

 

ヤホー賃貸で検索してみると・・・

 

該当なし

 

満室みたいですね!コングラッチュレーション!

 

てことで、相場だけ調べてみました。(とことんひまじん)

 

あのころは、3万円台後半から4万円前半くらいでしたが(客付けしたときの記憶による)

 

なう!どんなもんじゃい?

 

と、つらつら見ると・・・

 

当時勝手にライバル視していたマンション(ミーのはアパート)がなんと!

 

3万円ジャストの募集になっているではありませんか!!

 

売却したころは4万円強でしたので、ミーは3万8千円から4万円で客付けしていました。

 

うーん。。。見なかったことにしよう。(買主さまは現金だったから大丈夫です。きっと)

 

当時は利回り10パーセントで手放しましたが、今の家賃で考えると、7.6パーセントになりますね。

25%くらいの下落でしょうか。

 

 

つづいて、所沢市のアパートですが、(物件から池袋まで電車で50分くらいかな)新築から3年だか4年で売ったため、今もまだ競争力はありそうな予感ですが、さてさて

をを!

20㎡、バストイレ別、築10年未満は変化なし!

ほっとしました。(買主さま、素敵な方だったので)

そもそもこのエリアは需要があんまし強くないようで、件数も少なめに感じます。

新築アパートが増えないことを祈りましょう。

 

最後に板橋区のアパートです(物件から池袋まで電車で25分くらいかな)

 

27㎡2K徒歩7分以内で検索してみましたが・・・

 

そもそも対象となりそうな古い物件は1件しかなかった。

 

5万円前後なので、当時とそう変わりなしですね。

 

○○保護の住宅扶助上限価格が下支えしている構造なのでこんな感じなのでしょう。(ウラとってません)

※素人大家さん業界ではかつてより話題になっておりましたが、さっこん、テレビ、週刊誌などでも取り上げられるようになってきていますので、今後の動向は要チェケラと思います。

 

こうしてみますと

 

富士見市でワンルームで築年数20年~30年未満は下がった。

所沢市の1DKで築年数10年未満は維持。

板橋区の2Kは築40年以上で維持。

 

こんな結果でした。

 

あ!

 

なんでも池袋まで~~という池袋基準についてですが、

 

板橋区民、埼玉県民にとっては、池袋は絶対なのです。ゴッドおぶトーキョーなんです。(しょぼくれん調べによる)

 

 

よろしければこちらもどうぞ↓