前回のおさらいはこちら↓

・数年前に売却したアパートの現在

 

とっても素人な人や中国人には人気のある区分所有投資ですが

ちょっとしったかんじの素人大家さんにはすこぶる人気がないのも区分投資です。

 

ミーもちょっとしったかんじの素人大家さんではありますが、じゃあなんで?

 

ってところなのですが、それはまあ自分でもよーわからんのです。

 

あー

 

都会のアパートは買えないからだ!(なんまら高いんだもの)

 

ふりかえると、アパート大家さんのときは・・・

 

1.埼玉県の人口34万人程度で人気のないところにあるアパート1つ

2.埼玉県の人口10万人程度で人気のないところにあるアパート1つ

3.東京23区の人口54万人程度で人気はまあまあのところにあるアパート1つ

 

と、こんな感じのエリアでちさい(2こ1)アパートを所有していました。

 

運営には当時は(5~8年前)とくに問題はなく、だいたい満室で運営できていたと思います。

 

ただですね、都会と比べると家賃が安いんですよね。あたぼーの話ですが。

 

1番目のアパートは新築でしたが、家賃は5万円位でした。

2番目のアパートは築20年くらいで、家賃は4万円位でした。

3番目のアパートは築35年くらいで、家賃は5万円くらいでした。
(だいたいの記憶です)

 

3年位前までに、2~3年かけてですがこれら3つ(トータル6室。ぷぷぷ)を全て売却しまして区分派にくらがえしました。

 

今の状況

1.板橋の区分  8万5千円

2.文京区の区分 6万3千円

3.荒川区の区分 10万5千円(売却済み)

4.目黒区の区分 6万3千円

5.足立区の区分 7万5千円

6.葛飾区の区分 5万9千円

7.大田区の区分 5万9千円

8.東村山市の区分(いちおー東京です)7万5千円

 

1部屋あたりの家賃価格が大きく?あがりましたね。

 

所有している区分の中には東京23区で人気の無いところも持っていますが

 

そういうところは部屋が広めの区分を買って価格を維持していこうとしています。

(そのぶん、退去時のリフォーム費用があがりますけどね。。)

 

1区分あたりの家賃は6万円以上が目標なんですが、最近はちょっと厳しくなってきましたね。
(退去があれば家賃が下がる物件も2~3戸あります)

 

 

いろいろ考えたあげく、区分派になった理由をのたまうとすると

 

1.アパートよりも立地が良くなること

2.換金性が高い(換金性求めるなら株やっとけって話もあるが)

3.家賃が高いので住むひとの属性はあがる。(アパートのときは16歳のフリーターも受け入れたっけ)

 

区分派になった理由はひねりだしてこんなところです。(案の定、うすっぺらでした)

 

今、気づきましたが、5年前の所有室数6室

ナウの所有室数7室

 

あわわ(牛歩投資?)

 

 

そうそう、区分投資はスピードは遅いです。

融資は難しいといわれていますからね。

 

ミーは現金で買った区分が4つ

きゅうこっきん様から借りて購入したのが3つとなっていますね。

 

 

区分所有投資をお勧めできる方としては

 

1.多少のたねせんがある。 (2~3戸現金で買えるくらい)

2.仕事をやめたいとは思っていない。(じみな感じのひと)

3.こつこつ派である。

 

4.がんばる大家さんをしたくない。 (自主管理ではなく外注したい)

 

 

 

いっぱつ狙いたいのに区分を買うというのは無理ですね。

 

地味にコツコツ行く投資ではないでしょうか。

 

てことで、目指せ!23区制覇!!  (残り16区かーー。2年に1戸買えたとして・・・32年か。死んでるな。あはは)

 

よろしければこちらもどうぞ↓