コスパの良いアイテムを発見しました!!

どうも

ハーフマラソンへの準備がまったく進まない(涙)

『すまいる大家ノリ』です。

 

今回も

私のコラムをお読みいただき

本当にありがとうございます。

 

今回は新アイテム

『ドアモニター』のご紹介です。

 

ちなみにステマでも、メーカーの回し者でもありません(笑)

 

ドアモニターって知ってますか?

私は今年に入って

『ドアモニター』なるものをはじめて知りました。

 

これが非常に使えるアイテムだったのです。

 

モニター付きインターフォンは

僕でも知っていました。

 

でもドアモニターは

誰が来たか確認し、通話する機能のみです。

チャイム機能はありません。

 

セットは

ドアにつけるカメラと

外の様子を見るモニターです。

 

配線が不要のドアモニター!!

無線でつながるので、

配線が不要です。

 

なので、

工事が不要です!

もう一度言います。

工事が不要です!!

 

ということは

工事費が無料です。

 

費用としては、

私がアパートに設置した

モニター付きインターフォンは

本体  ¥10,000円

工事費 ¥25,000円

合計  ¥35,000円

もかかりました。

 

私のアパートは古いタイプのチャイムだったので

工事費が高かったです。

 

元々配線が通っているときは

従来のモニター付きインターフォンを

簡単に取り付けられるので

ケースバイケースで使い分けをするほうが

よいかと思います。

 

動画サイトなどでも

親切な人が詳しくやり方をのせてくれています。

 

なので古い昔ながらのチャイムがついているお部屋には

ドアモニターがおすすめですね。

 

ちなみに年代モノの自宅で

モニター付きインターフォンを取り付けようと、

見積りを取ると

なんと工事費

¥55,000円

です。

 

びっくりしました(涙)

電気・配線工事なめんなと。

 

じゃあドアモニターっていくらなの?

ドアモニターの場合

本体¥15000円前後

工事費 0円

そして自分で取り付けれた感動

プライスレス!!

となっており、

差額は2万円以上となっております。

 

私のような小規模大家には

バカにできない金額です。

 

ドアモニターの良い点は?

電源が取れるところであれば

モニターを置く位置は自在です。

 

そしてドアに取り付けるカメラは電池式なので

コードなども要りません。

 

また最新機種には

スマホとの連動機能があり、

スマホの画面で来客した人を確認することもできます。

 

そして自宅のチャイムの音を記憶して、

チャイムが鳴ったら、

モニターの電源が自動的に入るという

便利な機能を設定もできる機種もあります。

 

注意すべき点は?

一部ドアの形状によって

取り付けができない場合があります。

 

なので、事前にメーカーHPなどで

しっかり確認する必要があります。

 

そして最大の注意点は

簡単に移設ができるので

入居者さんが引越しのときに

間違えて持っていってしまう

リスクがあることです。

 

なので、

退去時の立会いのときに

きちんと残っているか確認する

仕組みを作ることが

必要になります。

 

私も自宅に設置しましたが、

本当にあっという間に

取り付けできます。

 

空室対策のひとつとしておすすめです。

入居者募集時の

プレゼントにするのも

ひとつの手です。

 

モニター付きドアフォンは

とくに女性が住む

お部屋には

ほぼ必須のアイテムになっています。

 

なので、

現状モニター付きインターフォンが

設置されたいない、

かつ古いチャイムがついているお部屋であれば、

ドアモニターはコスパのよい

おすすめアイテムです。

 

まじめに書きましたが、

今回は最初から最後まで

TVショッピングのようになってしまいました・・・。

 

本日もコラムをお読みいただき

ありがとうございました。

 

あなたの賃貸経営のお役にたてれば

とてもうれしいです。

 

『すまいる大家ノリ』