新しい年度となりましたね。いとうです←挨拶

 

 

毎度読んで頂き、有難うございます。

今年度もよろしくお願い致します。

 

引き続き、「親が退職金で不動産投資すると言い出した」の続きです。

前回のコラムがこちら→https://www.rakumachi.jp/news/practical/88465

最初からはこちら→https://www.rakumachi.jp/news/practical/79668

 

 

不動産屋よりメールありまして、

3000万円の築21年の軽量鉄骨アパートが、

2600万円まで交渉しましたが如何ですか?という内容でした。

 

この物件、利回りは10%ほど。

家からは車で20分ほど。

駅から徒歩3分の所にあり、

この駅の裏は最近マンションやらコンビニが増えていて、

住居としての需要はあるエリアです。

 

し・か・も!

駅徒歩3分エリアのアパートに駐車場まで付いて!

 

 

父親から、

「借金をしない範囲で」

という条件で、不動産投資を進めています。

 

前回のコラムで書きましたが、

850万円の戸建を780万円で買い付け申し込みをしたところです。

諸経費を考えると、残り予算は1000万円ほど。

 

買わないだろうな~と思いつつ、

一応、親にこんな物件もあるよと提案したところ…。

母親がこの物件に惚れ込んでしまいました。

 

そんな訳で、この物件を知ってから母親は数日間、

「これ欲しいなー、これ欲しいなー」連発です。

 

 

そして、母親がまさかの発言です。

「銀行から借りようか?」

 

 

母親の考えはこうでした。

購入価格が2600万円だと、トータルで3000万円近く必要。

現状で用意できるのは1000万円で2000万円足りない。

しかし、土地価格を計算するとおよそ2000万円。

土地を担保に、銀行から2000万円お金を借りれば、

合計で3000万円用意できるのではないか?

 

もし、銀行から借りられるお金が2000万円に届かなければ、

買い付け申し込みした中古の戸建の土地も担保にするつもりのようです。

父親も説得すると言い出しました。

 

 

さて、

父親を説得する材料を集めに現地調査です。

遠足の日の子供のようなテンションの母親を連れ、

目的の物件に着きました。

 

しかしです…。

駅の裏はマンションが並んでいるのに、

ロータリー側はいつの間にかシャッター街になっていました。

パチンコ屋すら潰れています。

 

そして、例のアパートはというと、

以下、母親の感想。

 

・築年数の割に建物が古く見える

・駐車場が狭い

・土地が傾いている

 

 

そんな訳で。

母親のアパート購入熱が一気に引いてしまいました。

2000万円も借金するのかとドキドキしておりましたが、

ドキドキしただけでした。

 

 

一応、不動産屋さんにもメールをしたのですが、

他に買い手が見つかったのか、特に返信がありませんでした。

(それならそれで、メールの返事くらい欲しいものですが)

 

やはり、投資は自分で準備してきたものがあって、

自分が出来る範囲でしか出来ないようになっているのですかね?

そんな風に感じました。

 

今回も最後まで読んで頂き、有難うございました。