転職しました。いとうです←挨拶

 

 

毎度読んで頂き、有難うございます。

「親が退職金で不動産投資すると言い出した」の続きです。

前回のコラムがこちら→https://www.rakumachi.jp/news/practical/94806

最初からはこちら→https://www.rakumachi.jp/news/practical/79668

 

 

さて、

先日残金の清算をして、晴れて戸建のオーナーとなった両親。

ですが、ここに来て私と意見が対立してしまいました。

父親が管理会社を入れろというのです。

 

父親曰く、「管理会社を入れておいた方が後腐れが無い」

確かにその通りなのですが…。

 

私は管理会社を入れなくても自主管理が楽なように戸建を勧めている訳です。

ですが、どうやら私の意図が汲み取れていないようです。

オーナーは親なので管理会社を入れる事にとやかくは言いませんが、

相続したら管理会社は絶対絶対絶対絶対外すからね!(宣言

 

 

前置きはさておき今回の本題に入りましょう。

「管理会社を入れると利回りは何%落ちるのか~中古戸建編~」

 

先に数字を申し上げますと、表面利回りから0.65%落ちました。

大きい数字ですか?少ないと感じたでしょうか?

 

個人的には0.65%という数字を銀行の利率と比較しちゃいます。

そう思うと0.65%はとんでもなく大きいと思います。

 

 

管理会社を入れるなんて何考えとんのじゃい!

とは、一旦は思いました。

しかし、不動産投資における優先順位(個人的な)は、

不労所得における「不労」の部分です。

 

管理会社を入れなくても殆ど労力の無い戸建ですが、

「不労」の部分を少しでも大きくするには、親の言うとおり

管理会社を入れるのも良いかもしれません。

費用も1日当たり139円と書くと安いと思えるかもしれません。

 

それでも、収入と労力を考えた場合、戸建を管理するのに、

管理会社を入れるのは個人的には反対ですし、

相続したら管理会社を外すつもりです。

 

というのも、他に理由がありまして、

借主様の負担になるからです。

 

他の管理会社様はどうか分かりませんが、

先のオーナー様から引き継いだ、親が依頼した管理会社というのは、

賃貸契約(2年間)更新時に借主様が更新事務手数料として、

管理会社に15,750円(税込)を支払わなくてはならない契約になっているからです。

つまり、管理会社は借主、貸主両方から手数料を取っているのですね。

 

戸建に限らず、不動産投資をする場合、

大家にとって最も嬉しい事は長期の入居です。

戸建自体はもともとトラブルが少ないのですから、

管理くらいは自分でやって、手数料の負担を減らしてあげた方が、

借主様に喜ばれるのではないでしょうか?

 

 

今回も最後まで読んで頂き、有難うございました。