不動産投資を始める方に向けて、「不動産投資で失敗しないため」に最低限知っておくべき知識をわかりやすく解説していくシリーズ、「世界一わかりやすい不動産投資の授業」。

今回のテーマは「不動産投資の出口戦略」です。不動産投資における「出口」とは、その不動産に投下したお金をいったん回収し、損益を確定させることです。そして「出口戦略」とは、この出口をいつ、どのように迎えるのか、その方針を考えることです。不動産投資の出口には、いくつかの方法があります。ただし一般的に、不動産投資の出口は「売却」を指すことが多く、出口戦略は売却の戦略という意味合いで使われることが多いと言えます。この動画でも、主に売却に関するトピックを解説をしていきます。

【目次】
18-1. 「出口戦略」はなぜ必要か?
18-2. 物件売却のタイミング
18-3. 物件売却の流れ
18-4. 物件を高く売るためには