無料の会員登録でこの動画を視聴!

会員登録すると、動画の一部を視聴できます

登録して動画をみる(無料) ログイン

プレミアム会員限定|18分まで無料視聴可

山あり谷ありの投資人生を、当時の市況や自身の中で転機となった出来事を踏まえながら振り返る「私の不動産投資年表」。

今回は、全国各地に投資用不動産を所有する「三浦隆」さんの投資人生に迫った。現在の所有物件は54棟518室、年間家賃収入は2億5000万円に上る。現在は専業大家だが、これまでに銀行や外資系ファンドで勤めた経験があり、不動産融資に詳しい。

投資初期には、「土地値が出る木造アパートは最強」と信じて物件を購入するも、大失敗してしまったことも。これまでにどのような物件を購入し、現在の投資規模を築き上げたのだろうか。融資戦略とともに話を聞いた。

動画の見どころ
・利回り36%の物件も、木造アパート4棟一括購入で大家デビュー
・突然の融資ストップ、「人物評価マイナス」から復活の戦略とは
・54棟518室を所有する投資家が大家人生を振り返る

【出演者プロフィール】

三浦隆
不動産投資歴14年。首都圏で一棟RCを中心に54棟518室を所有し、年間家賃収入は約2億5000万円。元銀行員の経歴があり、不動産担保融資を担当した経験がある。特に首都圏の金融機関情報に精通している。

■出演動画
・【実名あり】今、アツい金融機関は? 関東・関西・中部の融資事情を語り尽くす