無料の会員登録でこの動画を視聴!

会員登録すると、動画の一部を視聴できます

登録して動画をみる(無料) ログイン

「決済1週間前に、融資をお願いしていた信用金庫から『あなたには貸せません』と断られてしまいました。融資特約なしの買付だったので、目についた金融機関は全部回りました」

山あり谷ありの投資人生を、当時の市況や自身の中で転機となった出来事を踏まえながら振り返る「私の不動産投資年表」。

今回は、愛知・岐阜・三重に投資用不動産を所有する「石黒博章」さんの投資人生に迫った。現在の所有物件数は17棟235室、年間家賃収入は2億5000万円に上る。

投資初期には、周囲から「アレ買ったの!?」と言われる難アリ物件を購入してしまい、客付けに苦労したことも。これまでにどのような物件を購入し、現在の投資規模を築き上げたのか、18年間の軌跡を辿った。

目次
・黎明期 突然の融資白紙、購入危機からのスタート
・拡大期 岐阜で入居率18%の一棟アパートを購入
・変革期 「権利関係に難あり」物件で苦労も…
・挑戦期 名古屋市内で8億円の新築物件を建設

【出演者プロフィール】

石黒博章
不動産投資歴18年。愛知・岐阜・三重に17棟235室を所有し、総投資額は50億円にのぼる。名古屋市内の区分マンションから不動産投資をスタートし、現在は新築物件に力を入れている。