無料の会員登録でこの動画を視聴!

会員登録すると、動画の一部を視聴できます

登録して動画をみる(無料) ログイン

「信用金庫と良好な関係を築ければ、希望に沿った融資をしてくれることも多いです。そのためにも、金利を複数行で競わせ合うような不義理はしません」

最前線で活躍する不動産投資家の”今の声”を届ける「インベスターズボイス」。今回のゲストは、不動産投資歴11年、横浜・横須賀エリアに57棟190室を所有する「バランス大家」さんだ。

バランス大家さんは「かながわ信用金庫」から約7億円、「湘南信用金庫」から約5億円の借り入れを行っている。信用金庫を積極的に活用することで、家賃収入約1.5億円の規模まで拡大できたそうだ。

メガバンクや地方銀行とは異なる営業方針を持つ信用金庫を上手に活用することで、規模拡大に成功している不動産投資家も多い。どうすれば良好な関係を築けるのか、バランス大家さんに具体的なノウハウを聞いた。

動画のポイント
・紹介は「〇〇」からがベスト! 信用金庫の上手な開拓方法
・金利の引き下げ合戦はするな、Win-Winな関係性を築くには
・初心者には「1億円の壁」がある?取引するときの注意事項

【出演者プロフィール】

バランス大家さん
不動産投資歴11年。横浜・横須賀エリアを中心に、ドミナント戦略で規模を拡大。57物件約190室を所有し、年間家賃収入は1億5000万円にのぼる。

■出演コンテンツ
階段・擁壁にレッドゾーン、20年連続で人口減少が進む「横須賀」不動産投資の是非 《横須賀大家座談会》
階段200段の「ザ・横須賀戸建て」、バランス大家が再生・客付けプランを現地解説