賃貸経営に役立つサイトNo.1
「楽待」が運営する大家さん専用サービス

機会損失が多かった物件を、管理の基本を見直して満室に!

賃貸管理 / 空室対策

物件概要

物件種別
1棟アパート
エリア
宮城県仙台市宮城野区
間取り
3DK × 10戸/2DK × 4戸/2LDK × 8戸
建物構造
木造
交通
最寄り駅から バス 5分
築年数
21年
満室時の家賃収入 ※
1919万7000円
管理費 ※
5.0%
入居率 ※
100%
※ 改善後の数値です

要望と対策

オーナーの要望
中々満室になりません。広告等に力を入れて、問い合わせは来るのですが、一向に決まりません。なんとか満室にしていただきたいです。
対策
あまり交通の便が良くなく、周辺に競合物件も多く、供給過多というのが最初の印象でした。決まらない原因を究明しようとしましたが、直接的な原因を解明することができなかったので、基本にたち帰ることにしました。
まず、建物周辺の除草から始め、敷地内の駐車場の整備、共用部のライトの交換等、細かな部分を配慮し、入居者の方がお困りではないか?という問題意識を持つことに重点を置きました。
対策にかかった費用
100万円
対策の効果
あれほど、決定力に欠けていた物件でしたが、除草・駐車場の整備を始めたあたりから、少しずつ入居が決まりました。
今はおかげさまで満室になりました。今回の案件は、奇をてらった策を講じること、競合物件との差別化という施策をとることも大切ですが、基本に立ち帰り、入居者目線に立った、当たり前のことができているか?ということを再確認する大切さを学ばせていただいた案件でした。
驕ることなく、真剣に物件に向き合うこと、迷ったら基本に帰るということを改めて心に誓いました。

この事例に関連する事例

▲TOPへ戻る