賃貸経営に役立つサイトNo.1
「楽待」が運営する大家さん専用サービス

長期空室を家賃を下げずにプチリフォームとモデルルーム化だけで2週間で成約した事例

賃貸管理 / 空室対策

物件概要

物件種別
1棟マンション
エリア
鹿児島県鹿児島市
間取り
1K × 16戸
建物構造
RC造
交通
最寄り駅から 徒歩 6分
築年数
23年
満室時の家賃収入 ※
1300万円
管理費 ※
5.0%
入居率 ※
100%
※ 改善後の数値です

要望と対策

オーナーの要望
前大手管理会社で長期空室になっていたにもかかわらず、空室の原因や対策の提案が全くなく、家賃の値下げと初期費用を下げるキャンペーンの話ばかりで、将来的な運営に不安を感じていた。
できるだけ、家賃は下げずに空室損を減らしたいという要望があり当社へ相談いただいた。
対策
近隣競合物件の調査と入居者属性を調査した結果、家賃は相場並みであり、また30代前後の単身男性がターゲットであることがわかりました。長期空室となっていたのは、ターゲットに沿った内装・仕様になっていないこと・大手管理会社一社のみの募集であった為、物件認知度が低かったことが原因でした。
そこで、30代の単身男性が好むように高級感のある木目調のアクセントクロスを貼り、温水洗浄暖房便座を追加、そして雰囲気を出す小物をレイアウトしプチモデルルーム化しました。
また、物件の資料を単身男性ターゲットに訴求したチラシを作成し、仲介会社に訪問営業活動を行い幅広く仲介会社への情報提供を行いました。
対策にかかった費用
5万円
対策の効果
募集開始後、2週間で2件の案内があり、ターゲット通りの20代後半の独身男性で成約しました。
申込者は、物件の検討段階でインターネットで50室以上比較検討し、本物件を見つけて、「一番自分にあっていた」と喜んでいただくことができました。
ターゲット設定と幅広く募集を行うことで、空室期間の短縮に成功することができた事例です。

▲TOPへ戻る