「見積もり金額が適正か」「品質に問題ないか」は、こう判断すべし!

塗装工事に限ったことではありませんが、建築関連工事では業者さんから工事の見積りを取ると金額に差が生じます。その金額差は1割や2割なんていうものではなく、倍または倍以上の差が出ることも珍しくありません

小額の工事であれば「まぁ仕方ない」で済むかもしれませんが、塗装工事というものは修繕工事の中でも特に費用のかかる工事です。品質が変わらないのであれば少しでも安く済ませたいものです。

それではなぜ工事費に金額差が生まれてしまうのでしょうか?

見積もり金額に差が生じる理由とは?

それには様々な要因があり一概には言えないのですが、建築業と言うものはひとつの工事を行う場合でも重層請負となることが多いです。

例えばA社に見積もり依頼を出しても、実際に施工するのはB社ということです。B社はA社の下請け業者となります。この場合A社は、実際には施工は行わなくても必要経費として費用が発生します。そのため、B社へ直接工事依頼するよりも高くなるのです。

そして場合によっては、A社とB社の間にC社が入る場合もあり、C社の必要経費が計上されることから、さらに高額な見積りになります。

工事を行う業者に、直接発注したい場合の裏ワザ

以上のことから、当然直接工事を行うB社のような業者にお願いしたいのですが、どうやってその業者を探すのかというと、これはちょっと難しいです。直接電話などで聞いてしまうのが手かもしれません。

私が推奨する方法は、塗装工事している現場を見つけたらその施工業者の車を見つけます。その車には間違いなく横または後に「○○塗装」なんて会社名と電話番号が書いてあります。それをメモしておくんですね。さらにその業者の仕事ぶりを見て観察します。観察の結果、仕事ぶりが良ければ見積り依頼の電話をしてしまえばいいのです。また直接その塗装職人とお話してみるもの良いかもしれません。

ただ、塗装工事を行うときには前作業があります。足場の建てこみ、塗装前の高圧洗浄作業やシーリングなどです。こういった工事も一括で施工できる業者もあるのですが少ないのが現状です。ご自分で手配すれば良いのですが、慣れていないと取りまとめや調整が大変ですので、やはり取りまとめをしてもらえる業者を1社入れたやり方が一般的かもしれません。

要は、間に必要無い無駄な下請け業者は入れないことが安価な工事になります。

見積り金額が適正かは、どのように判断する?

では、見積もって頂いた見積りが適正かどうかの判断はどうするのかですが、これはただ見積りを眺めても専門用語ばかりで、なかなか理解できないと思います。中には私が見ても「何これ?」みたいな項目もありますので。見積り慣れしていない人は、まず数社の見積りを取って下さい。できれば5社以上が望ましいです。そしてその見積書を並べて見て下さい。

各社同じような項目が入っているかと思います。その項目ごとに金額を比較してみるのです。エクセルがあればエクセルに打ち込んで比較するのが一番効率的です。もちろん手書きでも良いですが、手書きの場合は細かい並べ替えや修正に手間がかかりますので大変です。

各社の見積りを表にしてみると金額差が明確になると同時に、抜けている項目や余計な項目が確認できるでしょう。そしてだいたいの金額相場が見えてくると思います。わからない項目や言葉などはネットで検索すると出てきます。それでも不明なものは直接聞いてしまいましょう。

見積りを取るだけでもその業者の姿勢が見えてきます。簡単に何でも「一式工事」としている業者もあれば、ひとつひとつの材料まで拾い出している業者もあります。「一式工事」とされてしまうと何が含まれていて何が除外されているのか不明です。「一式工事」とした業者には、追加は一切無い責任施工工事であることの確認が必要でしょう。逆に細かく見積もっている業者では、見積り外のことを要求すると追加料金が発生します。

それでも見積り内容に不安があるときは、詳しい大家仲間などに相談すると良いです。またはお近くに建築関係者が居れば相談するのが良いでしょう。塗装材ごとの基準価格は、ネットにも出ています。そういった情報を利用するのも良いでしょう。

ただ、ここ最近は建築関連工事の価格が上がっていますので、できるだけ新しい情報を入手して下さい。

>>業者ごとにどれだけ違いが出る? まずは、5社の塗装業者に見積もりをとってみる

施工品質に問題ないかは、どのように判断する?

次に実際の施工品質に関しての業者選択ですが、これは口コミが一番わかりやすいです。先輩大家さんからや建築関係者から、積極的に情報を得ましょう。一部の業者はネットなどで評判を見ることもできますが、これはあまりお奨めできません。匿名記述は情報操作ができることから信頼性に問題があります。

最後に、コストを抑えた塗装工事をするためのアドバイスをさせて頂くと、塗装工事はできるだけ早い段階で行うことが重要です。チョーキング現象が出ているのに先送りにしてしまうと、壁材を傷めたり、雨漏りが発生したりします。そうなると塗装工事だけでは済まなくなり、費用も2倍、3倍となる可能性もあります。

また、足場費が高額になる建物の場合、できるだけ再塗装までの期間は長い方が有利です。足場施工、高圧洗浄などの付帯工事は塗装工事のたびに発生し、その金額も小額では済みません。安い塗料と高い塗料を比較しても、だいたい価格差2倍、耐久年数2倍ですので長い期間で見れば、超寿命の塗料を使用した施工の方が、付帯工事分は安く施工できて長く綺麗な状態を保つことができます

長期的な視点をもって、早めに工事を発注すること。それが工事を成功させる秘訣であり、余計な出費をしないことに繋がります。

>>余計なコストを発生させないために!! 早めに塗装業者を見つけておく