収益物件数 No.1
不動産投資のことなら国内最大の不動産投資サイト「楽待」

不動産投資 > 不動産会社の方へ > 成約事例 > 株式会社エヌアセットBerry

楽待の提案は「攻め」の営業ができるのが画期的です

株式会社エヌアセットBerry

株式会社エヌアセットBerry 越様

提案サービスを利用されたきっかけを教えてください
最初にこのサービスの仕組みを聞いた時、今まで「物件を掲載して、問合せを待つ」という方法しかなかった業界で、お客様に直接アプローチできる、「攻め」の営業をできるというところが「画期的だな」と思いました。
いわゆる「物件でつる」みたいなことをしなくても、物件の詳細な分析や投資全般に対するコンサルができるという付加価値をメッセージでも直接伝えて、アピールできるところがいいですね。
提案サービスを使われてみて、営業活動に変化はありましたか?
営業スタイルとして、「プレゼン型」の営業になりました。
昔はレインズから物件を引っ張ってきて掲載するということをやっていたのですが、ほかの会社さんもやっているので埋もれるし、自社の強みをアピールできなかったんですよね。
提案サービスであれば、扱う物件数が減ったとしてもその物件の良さを直接プレゼンできたり、良い面も悪い面も含めて分析して、数値化できる能力が当社にあるとアピールできたりするところがいいと思います。
長期間利用されている理由や、長期利用のメリットがあればお聞かせください。
物件の仕入れルート(査定)、そして売却ルート、どちらにおいても、Web経由の売買では楽待さんがかなりのウェイトを占めているからですね。Web経由はほとんどが楽待さんからの成果なので、なくてはならないツールになっています。
また、今後は不動産の価格が変動すると予測しているのですが、そうした市況では非公開で物件の紹介ができる提案サービスはより必要になってくると思います。物件価格が動く市況では、インターネット上に物件を公開して取引価格の履歴が残ってしまうことを嫌がる売主さんが多いんです。
貴社の業務フローの中で、楽待の提案はどのタイミングでお使いになっていますか?
物件を仕入れたら、最初に提案を使います。同時に自社のメルマガでお客様にご紹介しますね。そこで決まらなければ価格の調整も行いつつ、売主さんのご意向次第で物件を公開してゆっくり買い手さんを探すこともあります。
提案サービス自体は、顧客獲得のツールとしても重宝しています。その物件では決まらなくても、面談した方と長いお付き合いをしてリピート顧客になることが多いですね。
提案する会員を選ぶ際、重視されているポイント・逆に重視されていないポイントがあれば教えてください。
積極的に動いている方かどうかを重視しているので、回答ランク・最終ログイン日時は重視しています。楽待さんを積極的に使って動いている方であれば、実際にお会いしてからも話がつながる、意欲が高い方である可能性も高くなります。
本人証明書や属性証明書を提出されているかどうかもチェックしています。最近は融資が閉まってきているので、属性や年収も物件に応じて設定しています。
提案のメッセージを作成される際に、気を付けていることはありますか?
物件によっては、その物件の分析結果まで記載するようにしています。あるいは、分析手法をレクチャーしますよ、という形で、そういったところまでサポートできる会社です、ということをアピールすることもあります。
投資家さんは勤勉で、失敗を警戒して事前に情報を集めたり、分析されている方が多いので、そういった方に刺さればいいなと思っていますね。
最近は、1棟目を買いたいという方、自分なりに最初に買ってみたけど運営が思うようにいかない、という方からの反響をいただいています。
楽待からのお問合せ経由の成約は年に何件ですか?
件数で言うと年に10件ほどです。その物件で決まらなくても、面談する中でその方の投資の方向性を固めてから改めて物件探していこう、という話になって、リピーターになっていただいたり、買い増し・売却のご相談をいただいたりしています。
今後、貴社で力を入れていきたいことやビジョンはありますか?
目指す姿としては、当社単体で収益を増やすというのではなく、グループ会社全体でお客様に高い価値を提供できるようになっていきたいですね。
当社はエヌアセットグループのアセットマネジメントの部分を請け負っていますが、グループの中には賃貸や管理を担う会社、一級建築事務所、投資のチャンネルとして海外にも一部拠点があります。そのグループ全体でそれぞれの強みを活かし、シナジーを生み出しながら、価値を提供できる企業体になりたいと思います。
株式会社エヌアセットBerry
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2-3-10 2階

>>不動産会社情報